もっちもち生地が自慢のボリューム満点クレープ♪(くれ~ぷmikazuki(ミカズキ))

Tomi街をご覧の皆さん、こんにちは(*^▽^*)
編集部のちーたんです。

いよいよ2017年も終わりますね。
皆さん、2017年はどんな年でしたか?
「充実した年だったよ♪」「とっても楽しい1年だったよ」「今年は大変だったなぁ~」

良かった事、悪かった事...1年色々なことがありましたよね。

Tomi街編集部も、今年は沢山のお店さんに出会う事が出来ました。

2018年も、地域で頑張っている店舗さんと一緒に、色々な情報を地域の皆さんにお届けしていきたいと思っています。

 

さて早速、年末年始に営業されている店舗さんをご紹介!!

2017年5月にオープンされたクレープ専門店「くれ~ぷmikazuki(ミカズキ)」さん。

もっちもち生地が自慢のクレープ生地は、クレープ大好きオーナーが時間をかけて研究し考案した力作です。
ほんのり甘く、生地のもちもち感が美味しさを引き立てる「デザートクレープ」。
そして、軽食として召し上がっていただくことを前提に生地を開発した「お食事クレープ」。
デザートクレープとお食事クレープの生地の違いを、ぜひ食べて実感ください。

 

ここで「デザートクレープ」と「お食事クレープ」のメニューをご紹介☆

デザートクレープは、主に5種類あります。

〇 バナナクレープ

〇 いちごクレープ

〇 ブルーベリークレープ

〇 アーモンド・ナッツクレープ

〇 和風クレープ

※メニューの詳細、価格などは、メニューページをチェック!!

 

バナナやいちごなど、定番クレープもオススメですが、個人的にオススメなのが「和風クレープ」。

オーナーが1つ1つこねて作っている、モッチモチの「手ごね白玉」♪

そして、あんこと生クリームの相性が抜群!!

和風クレープには「生クリームあずき白玉」「生クリームいちごあずき白玉」「生クリームバナナあずき白玉」の3種類あります。

洋と和のコラボレーション。一度食べる価値ありですよ!!

 

また「食べ終わりに近づいてくると、具材がなくクレープの皮のみ...」という事が結構多いと感じたオーナーが、「最後まで具材がある状態を味わって頂きたい」という想いから、生クリームの位置やフルーツの置き場所などの具材の配置も研究。

最後の最後まで、具材入りの美味しさが楽しめちゃいます(^_-)-☆

 

次は、お食事クレープの紹介。

種類は「ハムやさい」「ツナやさい」「ベーコンやさい」「あらびきウインナーやさい」。

お腹いっぱい食べたい方には、ツナ・ベーコン・あらびきウインナーが入っている「やさいデラックス」があります。

お食事クレープの生地は、デザートクレープとは違い、具材との相性を考えて作られている甘くない特別仕様!!

「甘いのはちょっと...」という方に